2009年09月07日

ユニバーサルデザインって?

s-P1010032.jpg

ユニバーサルデザインコーディネーターの講座が広島であり、
知り合いに勧められ、聴講してきました。耳

要するにユニバーサルデザイン(UD)とは、
「色々な人々に利用しやすい製品、サービス、環境のデザイン」
で、なぜUDが必要かというと、
いま注目せれている「バリアフリー」は、障害のある方を対象としたもので、
ともすると障害者には使いやすいが、健常者には使いにくいという場合も発生してしまします。
例えば、同じ家家に住んでいて、誰かにだけ使いやすいということはどうなんでしょう?
その当りを解決するのがUDコーディネータということです。


また、便利にしようとしすぎて使いにくくなってしまったもの。
ありますよね。携帯電話とか…携帯電話
そういう「使いにくさ・わかりにくさ」を解決するのも
UDコーディネータの役割だそうです。


10代の若い学生にに混ざって講座を受けて、新鮮な空気も味わってきました。ブティック
posted by ヤスハラ(*^_^*) at 14:27| Comment(0) | 日記

2009年09月04日

○○らしさ

s-P1010012.jpg
いま、この本を読んでいます。本
図書館のデザインコーナーの棚で何気なく手に取った一冊。
著者のナガオカケンメイ氏はデザイナーで、彼がデザインとリサイクルを融合した事業(D&DEPARTMENT PROJECT)を展開していく課程を日記形式で書いたものです。
まだ、1/3ほどしか読んでいませんが、この本を読んで「らしさ」というものを意識するようになりました。
気に入ったフレーズはたくさんありますが、その中から一つ


試しに、何かする時ひとつひとつの行動にこう問いかけてみればいい。「これは僕っぽいか」と。
お店ならば、お店の名前を連呼する。「これは、D&DEPARTMENTらしいか」と。
スタッフとのミーティング、「このミーティングは、D&DEPARTMENTらしいか」。
照明を変えてみる、「この照明は、D&DEPARTMENTらしいか」。
バイトを面接する、「この人は、D&DEPARTMENTらしいか」。
食べ終わった料理をお客のテーブルから下げる、「この下げ方は、D&DEPARTMENTらしいか」。……


「株式会社アイズコーポレーション」を設立して、約2年。
何か良い意味での「アイズコーポレーションらしさ」というものが、少しは出てきているのだろうか?
そして何よりも、この仕事に「私らしさ」を活かせているのだろうか?
そもそも「私らしさ」ってなに?
読んでいるうちに、色んな事を考えさせられます。
今まで、自分を抑えて仕事をしてきたような気がします。
これからは、少しだけ「らしさ」にこだわってみようかなぴかぴか(新しい)
posted by ヤスハラ(*^_^*) at 17:55| Comment(0) | 日記

2009年09月02日

自分で作るインテリア

s.jpg

チカクというカルチャークラブで、多肉植物のタブロー(壁掛け)を作りました。わーい(嬉しい顔)
私は、玄関に飾る予定でハシゴにしましたが、表札風のものやいろいろな台座を選べるようになっていました。
多肉植物は初めてですが、水やりも少なくて、増やしやすくて、育てやすいようです。
お手軽でおすすめのインテリアですexclamation

posted by ヤスハラ(*^_^*) at 09:54| Comment(1) | 日記